木下工務店の施主ブログまとめ【後悔事例と対策も解説】

木下工務店 ブログ 木下工務店
この記事で解決できる悩み
  • 木下工務店って実際どう?
  • 建てた人はどこで後悔してるの?
  • 後悔しないコツってなんかあるの?

人生における最も高価な買い物、それが「住宅」です。

何千万円、そして土地によっては1億円を超えることさえ珍しくありません。

高い買い物、そして暮らしを決定付ける「家づくり」。誰も失敗したくないはずです…。

この記事では、木下工務店で家を建てたブログを5つご紹介。

そこで述べられた後悔事例や失敗しないコツなどを解説します。

この記事を読めば、後悔する可能性の高いポイントを契約前に把握できます。

「家を持ちたい」そう考えている方はこの記事を読まないと損です。

記事上部CTA_タウンライフ

ハウスメーカー選びで悩んでいるあなたへ

自分に合ったハウスメーカーが良いけどわからない…

「◯◯で建てなければよかった…」とはなりたくない

実はあなただけのオリジナル間取りプランや

見積もりを無料でもらえるサービスがあります!

そんな都合の良いサービスがあるわけないじゃん…

あります!しかも、毎月5,000人以上、トータル30万人が利用してる家づくるする人なら知ってる超定番サービスなので安心です!

  • 無料・かんたん・ネット完結で、検討段階の人でも使える
  • 希望の間取りや建てたい地域をざっくり入力するだけです
  • あとは対応できるハウスメーカーから見積もりを待つだけ
\間取りをもらっても契約に縛りは無し!/
/積水ハウスなど大手からからGET\
【PR】タウンライフ

木下工務店の概要

社名株式会社 木下工務店
本社所在地東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー31階
設立2012年3月14日
累積建築戸数
代表者代表取締役社長 田中 耕三郎
資本金1億円
従業員数153名
事業内容注文住宅事業、土地分譲事業、土地活用事業、リフォーム事業(木下のリフォーム)
売上高
経常利益
対応エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・宮城県・大阪府・兵庫県・福岡県・佐賀県(一部エリアを除く)
工法木造(2×4工法・2×6工法・木造軸組工法)、RC混合造
坪単価50.0万円 ~ 90.0万円(参考:SUUMO)

木下工務店の特徴

数あるハウスメーカーの中で、木下工務店はどんな特徴があるのか。

木下工務店の注文住宅に興味を持っている方なら気になるはず。

ここでは同社の特徴を3つに絞って分かりやすく解説します。

同社の特徴はご覧のとおり。それぞれ簡単にご紹介します。

  • 「理想を叶「夢がかなう、家づくり。」がコンセプトえる自由設計」がコンセプト
  • 「キノシタ マイスタークラブ」の職人が施工
  • 人にやさしい木の住まい

「夢がかなう、家づくり。」がコンセプト

木下工務店では「夢がかなう、家づくり。」というコンセプトのもと、完全自由設計の住宅を提供しています。

業界でもトップクラスの自由度で、顧客の要望を柔軟に取り入れた可能です。

外観も内観もすべての要望を相談できるため、理想の住まいを実現しやすいハウスメーカーとなっています。

高い設計力、施工力があるからこその自由設計なので、特殊な施工による失敗などを心配する必要もありません。

「キノシタ マイスタークラブ」の職人が施工

木下工務店には20年以上の実績を積んだ職人たちが集う「キノシタ マイスタークラブ」が存在します。

それぞれ熟練の技をもったプロの職人たちであり、高い施工能力が木下工務店の特徴です。

外注ではなく直営による施工なので、徹底した管理が行き届いています。

予算の透明性もしっかりしており、顧客の立場では安心して施工を任せることが可能です。

人にやさしい木の住まい

木下工務店は木造の住宅を提供しており、「人にやさしい木の住まい」という言葉を掲げています。

優しく明るい木の温もりを最大限に引き出す施工で、住み心地が良い住宅を実現しているのが特徴。

木造は耐火性能や耐震性能の面で避ける方も多いですが、実は住宅で多い鉄骨構造よりも丈夫で柔軟な素材です。

外観や内観だけではなく、性能にもこだわって強くて快適な住宅となっています。

ハウスメーカー選びで悩んでいるあなたへ

自分に合ったハウスメーカーが良いけどわからない…

「◯◯で建てなければよかった…」とはなりたくない

実はあなただけのオリジナル間取りプランや

見積もりを無料でもらえるサービスがあります!

そんな都合の良いサービスがあるわけないじゃん…

あります!しかも、毎月5,000人以上、トータル30万人が利用してる家づくるする人なら知ってる超定番サービスなので安心です!

  • 無料・かんたん・ネット完結で、検討段階の人でも使える
  • 希望の間取りや建てたい地域をざっくり入力するだけです
  • あとは対応できるハウスメーカーから見積もりを待つだけ
\間取りをもらっても契約に縛りは無し!/
/積水ハウスなど大手からからGET\
【PR】タウンライフ

木下工務店×施主ブログ

木下工務店にて家を建てた方のブログを紹介します。

建てる前、建てた後の住心地について情報発信しているため、参考になるはずです。

ブログ:chuosenのブログ

出典:chuosenのブログ

chuosenのブログ」は2020年9月に木下工務店と契約した方のブログです。

しっかり打ち合わせをして建てたはずの住宅ですが、1年以内にリフォームを重ねることに。

中には打ち合わせで決定していたはずの工事が勝手に変えられていたという事実も。

そんな後悔事例がいくつも掲載されており、これから木下工務店で家を建てる方は必見の内容です。

例えば下記のような記事で後悔を記しています。

「いえ日記」はかなり長編で、他にもためになる後悔事例が大量にあります。

事前に見ておくことで対策できる点が多いので、ぜひ参考にしてください。

ブログ:ろんさんの空を感じるお家づくり

出典:ろんさんの空を感じるお家づくり

ろんさんの空を感じるお家づくり」は、木下工務店で東京都内に25坪の住宅を建てた方のブログ。

主に契約から完成までの工事の様子をブログにまとめており、完成までをイメージしやすいです。

住宅づくりの参考にもなるため、これから木下工務店で住宅を建てたいと思っている方におすすめ。

例えば下記の記事は、土地選びの参考になります。

外構工事中に発覚したことで、お隣が明らかに近すぎるとのこと。

土地を図面やパッと見だけで判断すると、後悔する可能性もあります。

設計士にも相談しながら、入念にチェックするようにしましょう。

ブログ:baristaの建築奮闘記

出典:baristaの建築奮闘記

baristaの建築奮闘記」は、木下工務店で住宅を建てる奮闘記になっています。

メーカー選びや土地選びから、完成までの流れが記されており、施主がたどった記録を見ることが可能。

少し古いブログではありますが、過去の木下工務店を知る意味で役立ちます。

とくに激動のハウスメーカー選び編は共感できる部分も多い内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

最終的になぜ木下工務店になったのかという点もまとめられています。

ブログ:Beyond the boundary

出典:Beyond the boundary

Beyond the boundary」はバイク好きの施主が運営するブログです。

メインコンテンツはバイクですが、住宅建築に関する記事の50記事以上あります。

工事の様子などをまとめている日記のようなブログで、写真が豊富なためイメージがつかみやすいです。

こちらも2006年頃に完成した住宅でやや古いですが、その後の生活の様子なども参考になります。

ブログ内にある「マイホーム建築日記」では、すべての日記を1ページで見ることが可能。

時系列で確認してみても面白いので、チェックしてみてください。

ブログ:木下工務店(黒川営業所)で家を建てます

出典:木下工務店(黒川営業所)で家を建てます

木下工務店(黒川営業所)で家を建てます」は、タイトル通り木下工務店で住宅を建てた方のブログです。

ハウスメーカー選び、打ち合わせ、工事についての記録をまとめています。

写真付きなので実際の各過程をイメージしやすく、これから住宅を建てる際の参考になるでしょう。

とくに打ち合わせの内容は実際に契約をした際にかなり役立つため、チェックしておくのがおすすめです。

具体的には、下記の記事など。

また打ち合わせ内容以外にも、下記の記事がおすすめです。

木下工務店に決めた理由が記載されているため、ハウスメーカー選びの参考になるでしょう。

木下工務店×施主ブログで記された後悔事例

後悔:日照計算をしてくれなかった

chuosenのブログには、次のような後悔がありました。

そもそも1階は日当たりが悪いだろうということで2階リビングにしたけれど、これだけ1階が日当たりが良ければ1階リビングでも良かったのかも・・・

2階リビングは明るいし、蚊も上がって来ないのでバルコニーライフを楽しめる。耐震性も上がるし良かったとは思う。

しかし、冷蔵庫やソファーの搬入は、階段では上がらずバルコニー搬入となった。大物の搬入が大変。

きちんと日射計算をしてくれるHMだったなら、1階リビングも検討できたろうに・・・

88  いえ日記(木下工務店で家を建てる) 最大の後悔ポイント 遂にリフォーム

木下工務店では日照量の計算まではやってくれないようです。

そのため日当たりが悪いだろうと予想して2階にしたリビングですが、実は1階でも問題がなかったということに。

そしてさらに他の箇所でも日照計算をしていないことによる問題が。

バルコニー下の部屋はバルコニー分奥まっていて日当たりが悪い。

打ち合わせの時には、設計士が「この部屋はほとんど日当たりが期待できない」と言うので、家具配置などが容易なように腰高窓にした。

日射計算を営業さんに頼んだけれどやってはもらえなかった。

少しでも明るくなるように、バルコニー下のテラスのコンクリートを白くしてもらうなどを依頼した。コンクリートを白くしてもらうのに3万円ほどの追加料金がかかった。

(窓からの距離があるので、コンクリ床を白くしたところで部屋を明るくするほどの効果はほとんど無かった。)

しかし、入居し、冬になって庭から見てみると、なんと、窓の下には太陽光がさんさんと当たっていた。もし、腰高窓でなく掃き出し窓にしていれば、部屋の中に日が射していることになる。

88  いえ日記(木下工務店で家を建てる) 最大の後悔ポイント 遂にリフォーム

日当たりがほとんど期待できないと言われて腰高窓にしたが、実際はある程度日が差していたとのこと。

設計士のアドバイスが裏目に出る形となり、後悔しているようです。

このような場合でも実費でのリフォームになってしまうようなので、注意が必要となります。

日照量を計算してくれないのは木下工務店のデメリットと言えますね。

後悔:勧められた外部コンセントの位置が悪い

こちらもchuosenのブログに記されていた後悔ポイントです。

もう1か所は、外部コンセント。設計士のアドバイスで手前にしたが、やはり車の駐車に邪魔なので奥に移動したい、というもの。

幅が2mくらいしかない駐車場で、これだけ幅のあるEV用コンセントがあるのは邪魔。

奥の花壇の所にコンセントを設置すれば何の問題もなかった。(私は奥に付けたいと言った)

プロの設計士なら、施主が手前に付けたいと言ったとしても、奥に付けた方がいいですよ、とアドバイスしてくれるべきだと思うけれど・・・

設計士のアドバイスはあまり当てにならないのかもしれません。

施主はこのコンセントを移動するために4.5万円の追加費用がかかることになり、不満を述べていました。

設計士が推奨するとなればやはり素人は従ってしまいますよね。

ある程度は自分で知識を身につけて家づくりに励む必要がありそうです。

後悔:2×4標準のドア幅が狭い

chuosenのブログでは、ドア幅に関する後悔もありました。

2×4で建てたため、ドア幅が狭くなってしまった。標準だと67cmの幅しかないのを、オーダーで73.5cmにしてもらった。

58 いえ日記(木下工務店で家を建てる) 後悔ポイント

木下工務店に限った話ではありませんが、2×4工法はドア幅が狭く感じます。

できればこの辺のデメリットも営業マンや設計士が事前に伝えるべきですよね。

結局オーダーで73.5cmにするため、追加費用208,000円を支払ったとのこと。

工法によって生じるデメリットは意外にも多いので、しっかり確認しておくと良いでしょう。

後悔:打ち合わせした照明が勝手に変えられていた

chuosenのブログでは、入居後さらに大きなトラブルが発覚することになります。

入居後確かめてみたが全く人感センサーは働いていない。

木下工務店に確認したところ、普通のダウンライトが設置されているのだという。

オーデリックで決めた照明を変更するなら、どんな照明に変更するのかをきちんと知らせるべきではないだろうか?

照明の型番などを知らせてもらえれば、本当に人にだけ反応するダウンライトなのかを確かめることもできたし、オーデリックに相談することもできた。

こちらが知らないうちに勝手に照明をかえられていたのは納得できない。

55 いえ日記(木下工務店で家を建てる )入居後トラブル

これは驚きですね。

やや設計士とのすれ違いもあったようですが、変更があるならしっかりと相談すべきところです。

木下工務店で住宅を建てる際には、十分に注意しましょう。

後悔:追加費用を払ったオプションを付けてくれなかった

Beyond the boundaryでは、次のような点に後悔していました。

ひどい点はいくつかありましが、あまりダラダラいっても仕方がないので、そうした点をちらつかせながら、1点に絞ってのクレームとしました。 そのクレームとは、打ち合わせの中で耐震用のグッズをつけるということで1万円アップしておきながら、実際には、

『これはつけても意味がないんすよねぇ』

といって、タンスとかに耐震グッズをつけてくれなかった点。 HAYA的には面倒くさいからやってなかったんじゃないか?と思っているわけですが、つけてもいないグッズに1万円も払ったのはとても納得できないので、その点はちゃんと指摘して返してもらうことにしました。

マイホーム建築日記

お金を払って依頼した工事がされていないというのは残念ですよね。

つけても意味がなかったとしても、ハウスメーカー側はその旨を自ら伝えるのが普通です。

最後には指摘して返金してもらったようですが、指摘しないままでいたら費用が無駄になったことになります。

まとめ

本記事では、木下工務店で実際に家を建てた方のブログと後悔ポイントを解説しました。

後悔事例を踏まえて木下工務店で家を建てるかどうか検討しましょう。

注文住宅は何千万円もする高い買い物…。失敗しないためにも他のハウスメーカーも調べるのがお勧め。

同じ性能でも価格差があったり、同じ土地でも間取りのプランも異なったりするからです。

予算や理想の間取りなどを踏まえて一番理想に近づけるハウスメーカーを探すと失敗が少なくなります。

ブログで情報を集めても後悔する恐れ

ハウスメーカーを選ぶ際、各社の施主ブログを見て良い点や悪い点を探るのはめっちゃ大切。

ただ、ブログによる情報収集には以下のデメリットがあるため、注意してください…。

ブログを鵜呑みにすると実は自分には合っていたハウスメーカーをダメだと結論付ける恐れもあります。

  • 施主の後悔事例が自分に当てはまらない恐れ…
  • 後悔事例がハウスメーカー由来じゃない恐れ…
  • 施主の後悔事例が自分に当てはまらない恐れ…

家に求める条件や間取りなどは人それぞれ。施主が感じた後悔事例が自分には当てはまらないことも…。

自分が希望する間取りや条件で家を建てる際に始めて出てくる後悔ポイントも珍しくありません。

  • 後悔事例がハウスメーカー由来じゃない恐れ…

施主側の知識不足や設計士の話を聞いてなかったから起きる後悔事例も珍しくありません。

ブログでは「だから◯◯はお勧めしない」という話で書かれても施主側の過失のケースも…。

客観的な情報も集めると後悔しない

ハウスメーカー選びで失敗したくないならハウスメーカー側からの情報収集も欠かせません。

自分の家づくりではどういう後悔が出やすいのか判断できます。

とは言え、一社一社から資料を取り寄せるのは正直手間がかかってマジでお勧めしません…。

住宅展示場に行けば複数の会社の資料を得られますが、営業担当のトークが必ず入ります。

僕の経験上、少なくとも1時間は営業トークに付き合わないといけません。

ハウスメーカーからラクに情報を集める方法

個人的にお勧めなのがネットできる無料の一括資料サービスを使った情報収集です。

以下の情報をざっくり入力するだけで複数社から資料を取り寄せられます。

煩わしい営業トークに付き合う必要もありません。

  • 希望の間取り(平屋か2階建てか、2LDKなど)
  • 希望の土地の広さ
  • 建てたいエリア
  • 予算

例えば『タウンライフ家づくり』というサービスを使えばハウスメーカー選びもラク。

条件を入力すれば自動で自分に合ったハウスメーカーを絞り込んでくれるから。

ハウスメーカー選びでは候補を探すのも大変ですが、一括請求を使えば簡単に絞り込みめます。

絞り込まれたハウスメーカーの施主ブログで後悔事例を集めると効率的です。

加えて他サービスと違い以下の資料も届けてくれます。

  • 入力条件に合った土地や間取りプラン
  • 入力条件に基づいた資金計画(費用や返済プラン)

各社からこんな家はどうでしょうか?という提案がもらえるんです。

間取りと費用感が分かるため、ハウスメーカー選びの参考になります。

概算の内容です。実際に商談に進むとプラン内容は恐らく変わるため注意してくださいね。

入力自体は3分くらいで終わるので通勤中や寝る前などスキマ時間でサクッとできます。

間取りや土地の広さは予め用意された選択肢から選ぶだけ。

  • 間取り:平屋か二階建てなどを選ぶ
  • 土地の広さ:2LDkか3LDKなどを選ぶ(3人家族に1番人気の間取り)

自分に合ったハウスメーカーをラクに絞り込んでプランの提案までもらえる。

ブログで後悔事例を見ていろいろ考えて自分でハウスメーカーを探すよりかなりラクです。

「理想の住まいを失敗せずに作りたい」「情報収集をラクにしたい」

と考えている方は使わないと損ですよ。

\間取りをもらっても契約に縛りは無し!/
/積水ハウスなど大手からからGET\
【PR】タウンライフ

コメント